鳥取大学工学部社会システム土木系学科 鳥取大学大学院工学研究科/工学専攻 社会システム土木コース Social Systems and Civil Engineering

  • A
  • A

学科/コース/専攻からのメッセージ

私たちの社会は大きな変革期を迎えています。このことは、人口減少、高齢化、グローバル化、気候変動という言葉に表れています。今後、社会生活の舞台となる都市・地域が、人が減ったり、災害による被害を受け、持続できなくなる危機にますます直面していくと考えられます。

社会システム土木系学科は、強靭な国土や地域をつくり、安心で豊かな生活を実現するため、橋梁や道路を建設・維持管理するための技術から、それらをどこに建設し、どう活用するかを計画・マネジメントするための技術を学ぶことができる学科です。構想、計画、設計、管理の能力を有する人材の育成を、2つのJABEE認証教育プログラムで行っています。1年次には、基礎的素養を身につけるための「大学入門ゼミ」や数学を中心とした科目を履修します。2年次以降では、講義だけでなく、外に出かけて調査する、物に触れて測る・量るなど、体験して学習する演習や実験科目も充実しています。こうして学んだ4年間の知識を、大学院工学研究科社会基盤工学専攻に進学することにより、より高度に、より深くすることもできます。豊かな社会の創造と持続を、自らの知識や技術で実現させたいと考えている方は、社会システム土木系学科の門をくぐり、身近な地域からグローバルなフィールドで飛躍する技術者やリーダーを目指してみませんか。